「ほっ」と。キャンペーン

あった!!

今日、久しぶりにウィンドウショッピングに出かけた。

まあ、少し時間つぶしのつもりで、

ほんとに久しぶり。

やりたいこと、やらなくてはならないことはたくさんあるのに、

ほわっと時間が出来た。

もっとも、この頃は一日のうちにたくさんの予定を詰め込まないようにしている。

仕事で無い日は、

予定は一つ、もしくは二つ。

欲しいものはあまりなく、

いいな!って思ってもどうしても欲しいというほどでなく。

それでも、レインシューズを買った。

仕事のときに便利だろうと、

丈の短い、軽いものを選んだ。

ひよこのクリップも買った。

どうも私は「ひよこ」および小鳥に弱いらしい。

駅ビルをウロウロした時間は1時間半近く。

ずいぶんうろついたものだ。

さあ帰ろうと、パーキングの精算もして、

車のところまで行って気がついた。

無い!無い!

ああーどうしよう、お気に入りのピアス。

片方どこかに落とした!

駅ビルだよ??1時間半うろついていたのだよ!!

そういえば、さっき、どこかで

カーン!!

っていい音がしたけれど、

アレかい?

さて、一瞬あきらめるか・・・って思った。

あきらめるか~。

とても気に入っていたのにー。

今日買物したすべてより、

それを無くしたことのほうが惜しい。

よし、いっぺんだけ戻ってざっと見てこよう。

無くてもともと、

それにしても

ビル4階分、トイレも行った。

駅ビルへ戻って、

まずはここは違うだろうと思いつつ、

一番最後に寄った成城石井へ入ってみる。

床をざっと見ていく。

と!!

卵の陳列ケースの下に、

あった!!
f0037208_222843.jpg


やったー!!

なんて、ラッキー。

戻るべくして戻ってくれたのかしら。

ありがとう、ありがとう。

こんなにすぐに見つかるなんて。

大きな声で有った!って言ってしまった(笑)
[PR]



# by sukarbe | 2011-05-28 22:24 | 私の好きなもの

『日の名残り』

ネットのブックショップで、ふとしてことで、

カズオ・イシグロの『日の名残り』を知り、

買い求めました。

はじめは読むのがなかなかしんどく、

主人公のスティーブンスの口調、視点がまどろっこしく、

付き合いがたかったけれど、

ずっと読み進んでいくうちに、

じわじわと悲しみ、哀愁、そして滑稽さが伝わってきて、

そして、たった一度の人生とを、

やり直しのきかない人生を振り返る苦しさのにあっても、

そこはかとない温かみというか、ユーモアが滲んでくる。

読んで良かったなー、彼の作品をもう一作読もうと

思っています。

確か、映画化されていて主人公はアンソニー・ホプキンスが、

ヒロインをエマ・トンプソン(だったと思う)が演じていたのを読むうちに思い出した。

全く、とっても良いキャスティングだと思う。

自己の主張を持たないということが自己のもっとも明確な主張である執事。

品格といいつつ、心の問題(感性)を乖離させる矛盾。

彼の父が死の間際に「良い父ではなかった」と詫びる意味が後でわかってくる。

気の毒なまでの彼の人生。

しかし、誰もそれを否定をすることはできない。

カズオ・イシグロは歴史の中に翻弄されるということも

とてもたくみに描き、

執事というかなり特殊な立場の男を徹底して描くことで、

イギリスの今の社会をとても見事に表現していると思う。

夕暮れこそが一番美しい・・・。

これは彼の優しさだろうか。
[PR]



# by sukarbe | 2011-05-27 00:02 | つれづれ

朽ちていった命

NHK出版の『朽ちていった命』という文庫本を読みました。

今の日本中の人に読んでもらいたい。

原子力発電の重大な危険、運営の欺瞞、それがはっきり表れており、

ここで命を落とした方の事実、真実がなぜ語り継がれること無く

原子力発電がここまで発展してきたのかと思う。

今、福島第一原発の事故につき、

原発に関わる東京電力も、政府にも、

無責任すぎる。

野党も批判ばかりするのはおかしい。

海水を入れ続けてていただの、知らなかっただの、

炉心溶融をしていたって、どれだけ後に発表したことか。

重要な機関で働く人々のなんと危機意識の低いことか。

ちょっと余談だけれど、

原発で働く女性(事務員だったと思う)たちの

被爆量が規定を大きく超えてしまっていたと、

報道されていた。

みんな分単位で現場へ行き、

除染のための徹底したマニュアルの中で、

原子力委員や東電や政府の来社の人たちを

案内したり、対応していた女性たちだ。

彼女たちは「人」に入ってなかったの?

彼女たちにまず心を配る人たちがいなかったの?

まったく!!

日本の企業はお粗末。


さて、私たちは、とういうか、私はか、

かなり健康とか安全とかはあきらめに近い気持ちを持っている。

被爆に関しては、こりゃしていることだろうと思う。

ただ、子どもや孫の世代がかわいそうだ。

いいことの無い時代を生きていると思えてならない。

こんな大切なことを、

いつまでもオブラートに包んで話しをする、

何かの後回しにしている、

そういう社会を形成しているこの国に

深く失望している。

ほんとうに優れた美徳の国民であると世界が誉めたその国なのに。
[PR]



# by sukarbe | 2011-05-26 23:47 | つれづれ

心は一緒にある

その勤め先の村が

被災者の一次避難所に指定されたけれど、

今になっても、受入れが無いことから、

避難所になる確率は低いかなと思います。

避難所に指定されたとき、

利用の申し込みをしていた方々に、

「受け入れが決まったときにはキャンセルもありうる。
そのときは遅くとも1週間前にはお知らせします、云々」

と、いうことを電話して、いっせいにお知らせしたのですが、

多くの「仕方ないですね」「当然ですね」というお返事の中で、

明らかな当惑、明らかな不快を示す方々もありました。

ここは教育施設ですが、

例えば、教育の一環で学校が林間学校を行う準備をしていたとして、

それをつつがなく、滞りなく行うことも教育なら、

この年は大変な悲しみ苦しみと恐怖を多くの人々が味わった年で、

毎日学校へ通えて、毎日当たり前のように不便でなく暮らせるということの意味を

皆で考え、被災した同年代の子どもたちのことを思うことも、

教育なのではないかと思うのです。

それを子どもらに教えることができなくて、なんの教育なのかと思うものです。

年に一度の林間学校が実行できない。

それがいったい何ほどのこと?

「心は一緒にある」ということは、

側にいてあげることはできない、何も出来ないけれど、

痛みを受け止める、被災した人たちのことを考えて今を精一杯暮らす、

そうすることで、自らの生き方を問うとこだと思います。
[PR]



# by sukarbe | 2011-04-18 21:31 | つれづれ

村から

とても久しぶりに書いています。

どのくらいぶりかというと、1年ぶりくらいかな。

その間、いろいろなことがありました。

大きかった出来事は、

勤め先の事実上の倒産。

そして、約6ヶ月ぶりの就職。

この社会状況で就職が決まったこと自体がとても嬉しいことだけれど、

私にとってありがたい気持ちになっているのは、

私の社会参画の原点である

「子ども」に関わること。

不登校対策事業や、子どもたちの野外活動、自然体験活動に関わる、

そのための施設の指定管理者の会社に就職できて、

以前私が培ったことをもう一度生かせること。

騙したり、うそをついたりしなくていいこと。

3月中の研修を終えて、

この2週間はやたら忙しかったけれど、

きちんと労働時間を守って仕事をすることを旨とすることも、

やっぱり嬉しい。

村から、、、と、書いたのは、

その施設がふれあいの村と言う名で、

ほんとうに里山の中にあるから。

小さな小さな、ミルクティー色の軽自動車を買って、

毎日通勤しています。
[PR]



# by sukarbe | 2011-04-18 20:53 | つれづれ

素足

昨日、小箱は裸足と決めました。

なぜなら・・・

小箱の床が傷つきやすいからです。

小箱の床は秋田杉で出来ています。

とても綺麗です。

私は以前からヒールのある室内履きを愛用してきました。

前の会社のイベントで赤のフェルトで出来た、

イタリア製の室内履きをもらって、

履いてみたらとても良かった。

ヒールがあるというのが、かえって疲れない。

で、ずっとその習慣でいたのだけれど。

たとえば、室内履きを履いていると、

ちょっとしたものを踏んでも分からない。

たとえば、床に落ちて固くなったご飯粒。

うっかり落とした金魚のえさ一粒。

踏んで、グッと足を動かして、床に違和感を感じてから、

「は!!」っとする。

で、足裏を見ると、そこには真新しい綺麗な床に

ぎぎぎぎぎぃーっと、傷が!!

うー。

もし、これが素足なら。

踏んだ瞬間に異物に気がつく。

で、足をすぐ持ち上げる。引きずったりしない。

とういうわけで、小箱は素足。

それで、必然に思えるのは、

秋田杉は肌に優しい。

滑らかな、皇かな、そして暖かな肌触り。

これを楽しまずして、どうする。

だから、おチビでかかとが低いと後ろに傾きそうな私ですが、

小箱では裸足、素足でまいります。
[PR]



# by sukarbe | 2010-04-18 23:08 | つれづれ

パンドラの箱

ご無沙汰していました。

なんと1年以上もブログをストップしていました。

タイトルも変えました。

名付けて、「こばこ便り」

「本日のいっぷく」がストップしている間に

ちょっとしたことがありました。

ちょっとしたこと・・・

いえいえ、どうもたいしたことらしいです。

何がどう大したことかというと、

おうちを建てました。

おうちを設計した友人が、

このWorksに名前を付けてよというので、

この家の特徴・・・?小さいこと??

そうだ!小箱にしよう!

そう思ったのです。

小さいのが特徴なら、その小ささを愛そう。

そのシンプルさを名前に。

小箱、小さな箱といえば、

「パンドラの箱」

パンドラが禁を破って開いた小さな箱から、

いろんな災厄が飛び去った後、

絶望するパンドラに「私がいるわ!」と呼びかけた小さな「希望」。

そう、希望を住まわせて

私はもう一度自分の舵を切ろうと思っています。

Cobaco・小箱・こばこ

これは私の希望

私の「負けない思い」です。
[PR]



# by sukarbe | 2010-04-11 22:34 | つれづれ

今更ですが

忙しいという字は「心を亡くす」と書きます。

言い古されたことですが、もっともだと思います。

忙しい日々を送っていると、まずは自分の身の回りが手抜きになります。

そして、常に「何かやり忘れてはいないか?何か(仕事を)落としてはいないか?」ということが強迫観念のようになり、

そう思うことが度々になると、何かに追われているような、イライラしたような思いになります。

そうすると、楽しむ心が遠のきます。

困ったなー。

今朝、目が覚めて、とても眠くてくたびれているのに、

今日やらなくてはならい仕事を反芻している自分にげっそりしました。

それが楽しいことだったりすればいいのですが。

そして、何より、こうやって愚痴っているのは、情けない!!

どこかへ遊びに行くとか、

うきうきの気分を味わうことをしなくっちゃ!

昨日、若い部長が

「どんな嫌な(辛い)仕事にも、何かしらの楽しみを見出そうと考える自分」というのについて語っていました。

うーん、うーん。そういうことはすでにたくさん考えたよ。

それに厳密に言えば、楽しみが無いわけではないんです。

やり遂げたー!ってこともあります。

そういうことではなくて、追われるような思いが、しんどい。

それから、会社という組織にいるのに、一人でやっているのも同然。

そうだね、この一人でやっているというか、やらされているという感覚がはじめてのことなのかもしれない。

それとも・・・あ!これは更年期なのか??

やれやれ。
[PR]



# by sukarbe | 2009-03-08 22:41 | つれづれ

ほんとに久しぶり

ブログ管理人の私が、うっかりするほど、久しぶりにここへ来ました。

昨年の母が亡くなったときの葬儀終了後を境に、パタッと、ほんとにパタッといったくらいに来ませんでした。

その間、いろいろあったような、なかったような。

いや・・・ありましたが、とにかく忙しかった・・・emoticon-0141-whew.gif

このブログへ訪ねてくれる方の数も、そんなわけでグンと減り、

それでもゼロということはなく ありがとう!emoticon-0109-kiss.gif

ただいま、賃貸繁忙期の真っ最中。

ほんとに仕事が追いつかなくなってきました。

一昨日は12時(つまり0時)帰宅、今日はPMに休みをもらっていたのに21時の帰宅でした。

これから今月下旬にかけて、契約も詰まってきています。

更新も増えてきていて、さらに退去もあって、さらにさらに大家さんの無理な要望や新しい管理物件の登場や

明日は見学会と・・・。

そんなさなか、我が小さな駅前店舗では、以前は禁煙だったのに、昨年のリストラ後人事異動があり、

5人中3人が、うち2人がヘビースモーカーということで、最初は遠慮していたのがだんだん野放しになり、

私が喘息があるからと言っては、しばし禁煙が守られるものの、

「寒い」だの、「雨降り」だのと言っては、着席で、しかも小さなスペースで煙草を吸うので、

たまりません。

女性二人で抗議したところ、まあ大人気ないというか、なんというか、一日中機嫌の悪い人が出ました。

私はお客さんの対応をしていて、実質的に嫌がらせを受けなかったですが、

聞くに堪えないこともあったとかです。

今年、春の花粉症が重症で、風邪かと思いきや、この煙害が悪化の一因(しかも大きな)と思います。

当社は社長もヘビースモーカー。本社でも禁煙ではないです。

しかし、本社は広い!なんたって、元信用金庫の建物だもの。

そこいくと、私のいるところはカイコ棚みたいな、バーの宿木みたいなところですからemoticon-0114-dull.gif

このままでは、私たちが仕事を辞めるか、あちらが煙草を辞めるか、

私たちがいなくなったら、店舗売り上げはこの半年間どうなったことか??

経営者の対応を問いたいです。
[PR]



# by sukarbe | 2009-03-07 00:46 | つれづれ

合格です

今日は、会社を出たのが私が最後で、印刷室で印刷をしていたら、どうも置いていかれたらしい。
本社の鍵は持っていないし、どうやって戸締りをするのか分からない。
数人いる部長に片っ端から電話して、閉め方を聞く。
オートロックで暗証番号が無いと開かないドアだとしても、なんて物騒な会社だろう。
で、最後の南京錠をかけていけばいいということになって、
よれよれ、へとへとで帰ってきた。

もうー、ほんとに、なんだよー、、まだ新年8日じゃないかー。
なんで、こんなに仕事があるんだ。
過労死するぞー。

で、帰宅したら、以前ブログに書いた福祉住環境コーディネーター2級に合格の通知が来ていた。やったー。試験が母の葬儀の5日後だったし、一夜漬けも出来なかったから、どうかと思っていたけれど。
しかし、今回合格者がたくさんいたようだ。
問題が不適切なのが2問もあって、そこは一律正解にした影響かな。
確認したら、やっぱりと思った。
だって、どうしても選べない設問だったんだもの。
でも、どっちか書かねばならないから、悩んで、捨てるつもりで回答を決めた問題だった。

はあ、お風呂に入って休もう。
肩が痛いです。
[PR]



# by sukarbe | 2009-01-08 23:32 | つれづれ

おうちを建てました。小さいから名付けて小箱・こばこ・Cobacoです。よろしくね。
by sukarbe
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

【半導体】米インテルの第..
from 【究極の宗教】Physica..
看護師・准看護師の求人募..
from 看護師・准看護師の求人募集全..
健康、美容、ダイエット、..
from 生きるのに為になるブログ
事務職 就職
from 就職用語集
エコバッグ
from エコバッグ
エコバッグ・マイバッグの..
from エコバッグ・マイバッグのこと..
認知症 病院
from 認知症 病院
インプラント
from インプラント
ロクシタンローズ…体臭が..
from アンチエイジを勝ち取るシミ・..
ロクシタンのエッセンシャ..
from アンチエイジを勝ち取るシミ・..

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧